東京府

出典: 路上文化遺産データベース
2010年11月16日 (火) 10:57時点におけるEkikaraManhole (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

東京府は、1868年(慶応4年、明治元年)から1943年(昭和18年)までの間に存在していた日本の府県の一つで、現在の東京都の前身にあたる。

目次

概要

府の紋章が入ったものをはじめ、筆文字の「東」の字が入ったものやデザイン化された「東」の字が入ったものなど幾つかの種類が確認されている。古いものは名古屋市型、府の紋章の入った比較的新しいものは東京市型(JIS模様)の地紋が多いようだ。


沿革

  • 1868年(明治元)9月3日(旧暦7月17日) 江戸府より東京府に改称
  • 1893年(明治26年)4月1日 多摩地区を神奈川縣より編入
  • 1943年(昭和18年)7月1日 東京府は東京市とともに廃止され、東京都が発足


設置場所

新宿

千駄ヶ谷

六郷遊水路

赤羽

関連項目


外部リンク

執筆の途中です この項目「東京府」は、調べものの参考にはなる可能性がありますが、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。