玉川水道株式会社

出典: 路上文化遺産データベース
移動: 案内検索
玉川水道株式会社
たまがわすいどうかぶしきがいしゃ
玉川水道章
{{{画像}}}
英語名 {{{英語名}}}
略称 {{{略称}}}
設立 1918年2月
廃止 1935年3月23日
現在の該当地域 東京都品川区、大田区(矢口町を除く)、目黒区・世田谷区の各一部
現在の該当団体 東京都水道局
(テンプレート)



目次

沿革

玉川水道株式会社は、1918(大正7)年2月に資本金30万円で創立した当時わが国最大の私設水道会社で、同社は荏原水道組合事業を継承して同年11月に玉川浄水場から大森町、入新井村へ給水を開始しました。

玉川水道株式会社は水源を多摩川の表流水に求め、多摩川左岸・調布村下沼部に設けた調布取水場で取水した水を、玉川浄水場と調布浄水場の2箇所で浄水後に荏原郡品川町、大井町、大崎町、大森町、入新井村、池上村、玉川村、調布村、馬込村、蒲田村、羽田町、六郷村、平塚村、碑衾村の荏原郡14町村(町村名は給水開始時の名称)へ給水しました。

玉川水道株式会社はその後、東京市によって1935(昭和10)年3月23日に18,268,548.75円で買収され、私設水道事業は東京市水道に併合一元化されました。 


設置場所

品川区南品川

品川区南品川に量水器(右書き)が残存している。

品川区北品川

品川区北品川に量水器(右書き)が残存している。

品川区北品川

品川区北品川に量水器(右書き)が残存している。今も現役として使用されている。

品川区西中延

品川区西中延に量水器(右書き)が残存している。紋章は新たなタイプ。


品川区西大井

品川区西大井に量水器(右書き)が残存している。


品川区上大崎

品川区上大崎に量水器(右書き)が残存している。


品川区大崎

品川区大崎に止水栓が残存している。


大田区東馬込

大田区東馬込2丁目の路上に止水栓(右書き)が残存している。

大田区東蒲田

大田区東蒲田1丁目の歩道上に止水栓(右書き)が残存している。

大田区東六郷

大田区東六郷2丁目15 派出所付近に量水器(右書き)が残存している。

豊島区南池袋

豊島区南池袋4丁目23-15(給水エリア外)に、量水器(右書き)が残存している。


藤沢市片瀬海岸

藤沢市片瀬海岸に越境蓋の量水器(右書き)が残存している。紋章は「玉」が「王」とエラー表示。

関連項目