大久保町下水道

出典: 路上文化遺産データベース
移動: 案内検索
大久保町下水道
おおくぼまちげすいどう
大久保町a.jpg
紋章
{{{画像}}}
英語名 {{{英語名}}}
略称 {{{略称}}}
設立
廃止
現在の該当地域 東京都新宿区
現在の該当団体
(テンプレート)

大久保町は東京府豊多摩郡に存在していた町である。当時南豊島郡に属していた西大久保町、東大久保町、大久保百人町が合併して大久保村として明治22年5月に発足、明治29年4月に南豊島郡と東多摩郡が合併したことにより豊多摩郡の村となる。大正元年12月に町制施行、昭和7年10月に東京市に編入され淀橋区(現新宿区)の一部となった。現在の「大久保」地名とは町域が多少異なり、新宿5・6・7丁目の一部も含まれていた。

目次

概要

執筆の途中です この項目「大久保町下水道」は、調べものの参考にはなる可能性がありますが、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。


設置場所

新宿7丁目

新宿7丁目に7枚が存在している。


新宿6丁目

新宿区新宿6丁目に3枚存在する

西新宿5丁目

新宿区西新宿5丁目3、印刷局宿舎前に1枚存在する。


歌舞伎町2丁目

歌舞伎町2丁目23番地の西側に1枚が残存している。

沿革

関連項目


外部リンク