光明電氣鐵道

出典: 路上文化遺産データベース
移動: 案内検索
光明電氣鐵道
こうみょうでんきてつどう
光明電鉄紋章
光明電鉄紋章
{{{画像}}}
英語名 {{{英語名}}}
略称 {{{略称}}}
設立 1925年(大正11年)6月21日
廃止 1939年(昭和14年)4月23日
現在の該当地域 {{{現在の該当地域}}}
現在の該当団体 なし
(テンプレート)

光明電氣鐵道株式會社は、大正期に設立され静岡県磐田郡中泉町(現 磐田市)と光明村(現 浜松市)とを結ぶ路線を計画した鉄道会社。大正15年4月に半ば強引に起工、資金がなかなか集まらずに工事は遅れ、昭和3年11月に新中泉駅と田川駅間が開業した。最終的に二俣町駅まで延伸・開業され、その先の工事も行われていたが、昭和10年1月には料金滞納による送電停止により全線が運転休止となり、同年中に全区間廃止、昭和14年には会社も解散されている。電車が走っていたのは約6年半のみで、幻の鉄道とも呼ばれている。

設置場所


東海道線磐田駅の北口前に設置されている。


外部リンク

執筆の途中です この項目「光明電氣鐵道」は、調べものの参考にはなる可能性がありますが、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。